詰め物・被せ物

詰め物・被せ物で見た目のお悩み

詰め物・被せ物で見た目のお悩み銀歯、歯の色・形・大きさ、歯ぐきの色など、口元の見た目に関するお悩みがありましたら、どんなことでもご相談ください。
歯科医療や歯科素材は最近もさまざまなものが登場しており、お悩みの内容やご予算などに合わせて幅白い選択が可能です。当院では患者様のお考えに沿ったご提案をさしあげて、ご納得いただいた治療を行っています。

金属を使わないメタルフリー治療

メタルフリー治療メタルフリー治療ではアレルギーを起こす可能性のある金属を一切使わずに、ノンメタルのセラミックやジルコニアだけを使います。金属アレルギーがある方や心配されている方におすすめできる治療法であり、金属イオンによる歯ぐきの黒ずみもありません。自然で透明感のある白さときれいな歯ぐきを実現できる治療法です。

インレーの種類

ジルコニアインレー

人工ダイヤモンドであるジルコニアにセラミック焼き付けた素材です。自然な白さの再現性が高く、強度や耐久性に優れています。また、変色しにくく、プラークが付着しにくいので健康で美しい歯を長く保つことができます。

オールセラミックインレー

自然で透明感のある美しさ、強度、経年劣化がほとんどないなど、セラミック素材の中でも特に優秀なe-maxという素材でできた詰め物です。ただし高額ですし、場合によって健全な歯質を削る必要が生じることがあります。また、破折や脱離が、まれに起こることがあります。

ハイブリッドインレー

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混合して作られている素材です。自然な白さを実現でき、比較的リーズナブルです。ただし、セラミックのみの素材に比べた場合、透明感が劣りますし、プラスチックが含まれているので経年による変色が起こります。場合によって健全な歯質を削る必要が生じることがありますし、破折や脱離の可能性も他の素材に比べて高くなっています。

ゴールドインレー

18金でできており、その適合度の高さから長く歯科治療で使われてきています。強度があるため噛む力が強い歯でも安心してお使いいただけます。銀歯に比べると色が明るい分、目立ちにくいとされています。

クラウンの種類

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドであるジルコニアにセラミック焼き付けた素材です。強度や耐久性に優れているため、かみ合わせの強い歯にも向いています。また、自然な白さの再現性が高く、変色しにくいため、美しい歯を長く保つことができます。プラークが付着しにくいので口内環境を良好に保ちやすくなります。

ラミネートべニア

前歯の色や形、隙間などをきれいに、そして手軽に治すことができる素材で、薄いセラミックのシェルでできた被せ物です。ほんの少しだけ歯を削る必要がありますが、光の透過性があるためとても自然な白さを実現できます。変色しにくいため見た目の美しさを長く保つことができますし、プラークが付着しにくいので口内環境を良好に保ちやすくなります。なお、まれですが、しみるといった症状が現れる場合があります。

メタルボンド

内側は金属で、その外側にセラミックを張り付けた被せ物です。耐久力や強度に優れ、奥歯でも安心してお使いいただけます。ただし、金属アレルギーのある方には向きません。また、金属が溶けだして歯ぐきの黒ずみが起こることがあり、歯周病で歯ぐきが下がって金属部分が見えてくる可能性もあります。色の再現性は良好ですが、透明感はやや劣ります。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混合して作られている素材の被せ物です。自然な白さを実現でき、保険適用外のものの中では最もリーズナブルです。ただし、セラミックのみの素材に比べた場合、透明感が劣りますし、プラスチックが含まれているので経年による変色がある程度は起こります。

歯ぐきの色・かたちもキレイになる

歯ぐきの色・かたちもキレイになる笑った時に歯ぐきが見えすぎてしまうガミースマイル、部分的に歯ぐきが黒ずんで目立つなど、歯ぐきに関するお悩みのご相談も増えてきています。当院ではこうした歯ぐきに関するお悩みを解消する治療も行っています。
たとえば歯ぐきの色は黒ずみを解消する専用の薬剤できれいにできますし、歯肉の形を整えて笑った時に見える分量を抑えることができます。
また、歯の長さが大きく違うように見えてしまっている場合にも、歯肉を整える処置で気にならないように修正できます。

当院では仕上がりの状態を含めてしっかりご説明し、ご納得いただいてから治療を行っておりますので、歯ぐきに関するお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

TEL 03-3874-8214
一番上に戻る