矯正歯科

矯正治療について

矯正治療について矯正治療は、歯並びやかみ合わせを治すためのもので、目標の位置まで歯をゆっくり動かしていきます。矯正治療というと見た目のだけの問題だと思われている方が多いのですが、歯列とかみ合わせの乱れは全身の健康にも悪影響を及ぼしています。
矯正治療で歯並びやかみ合わせが整うことには、さまざまなメリットがあります。食べカスが口内にたまりにくく、磨き残しも少なくなるので口内の清潔を保ちやすくなります。しっかり噛むことで消化を助けることになりますし、噛む回数が増えると脳への血流も増えます。また、あご周辺の筋肉に余計な負担がかからなくなるため、慢性的な頭痛や肩こりが解消するケースも珍しくありません。
顔の筋肉がバランスよく使われるようになるためゆがみがなくなり、明るく豊かな印象を与えやすくなります。また、きれいな歯並びは清潔感や信頼感にもつながります。

矯正装置について

矯正装置について歯並びを整えたいけれど、装置が目立って周囲の人に気付かれると思うと二の足を踏んでいる方もいらっしゃると思います。そうした方には、周囲に気付かれにくい矯正治療をおすすめします。接客や営業など装置が見える治療はNGの方、目立つ装置は気が重い方、周囲に矯正治療をしていると一目でわかってしまうのに抵抗がある方も、気軽に矯正治療が受けられます。
当院では、歯の裏側に装着する装置、白や透明な素材を用いることで目立ちにくくする装置、取り外しできる透明なマウスピース型の装置など、目立たない・目立ちにくい装置を多数ご用意して、患者様のご希望に合わせた矯正治療を行っています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置透明で薄い素材でできたマウスピースを使って歯を動かす矯正法です。普通に会話して気付かれることがほとんどなく、ご自分で取り外しできますので、食事や歯磨きも普段通りに行えます。外したマウスピースは簡単に洗浄できるため、口内の清潔も保ちやすく、むし歯リスクを軽減できます。また、金属フリーですので、金属アレルギーのある方でも安心して治療を受けられます。

マウスピース矯正以外の装置

ワイヤーやブラケットを使った表側矯正でも、透明な装置や白いワイヤーを用いることで目立ちにくい矯正が可能です。
また、歯の裏側にワイヤーやブラケットという装置をつける裏側矯正もあります。上下ともに裏側矯正をすることもできますし、目立つ上だけ裏側矯正を行って会話などで目立たない下の歯は表側に装着するなどもできます。

子どもの矯正治療

乳歯が残っている時期はあごの成長をコントロールできるため、より負担が少なく、無理のない形で歯並びを整える治療が可能です。永久歯に生え変わってしまった時期になって矯正治療をはじめる場合には、小児矯正ではなく成人矯正になります。一般的には永久歯の前歯が生えそろった頃にご相談いただき、成長にあったタイミングでスタートさせます。

第1期治療

あごの成長をコントロールして、永久歯がきれいに生えるスペースを作るなど、予防的な矯正を行います。乳歯と永久歯が混じっている時期に行う矯正治療です。本格矯正に比べてお身体への負担が少なく、この治療によりその後の第2期治療で抜歯が必要になる可能性を減らせるなどのメリットがあります。

第2期治療費

永久歯の歯並びを整える仕上げの治療を行います。基本的にブラケットとワイヤーの矯正治療になります。

※費用については当院までお問い合わせください。

矯正認定医による治療

矯正認定医による治療矯正は歯並びやかみ合わせを整える治療ですが、人生を変えてしまうパワーを持っていると感じます。歯並びがきれいになっていくにつれ、表情が明るくなり、笑顔が増え、前向きになって、キラキラ輝いていくという変化を何度も目にしてきました。そんな時には、患者様がポジティブな人生への扉を開けてそれを通っていく、その場に立ち会っているような気持ちがします。
当院では患者様のお話をしっかりうかがって、わかりやすく治療内容についてご説明し、しっかりご納得いただいた上で治療をスタートさせるなど、患者様の味方としていつも親身に対応するよう心がけています。まずは、お悩みをご相談ください。

TEL 03-3874-8214
一番上に戻る