入れ歯

入れ歯・義歯

義歯(入れ歯)は歯を失った際に最も一般的な治療法です。他の歯にダメージを与えずに作れますし、治療期間も短期間ですみます。また、費用もインプラントなどに比べるとリーズナブルです。
歯科医療の進歩は義歯の分野でも目覚ましく、優秀な歯科材料が増えてきたことでこれまでの義歯にあった欠点を解消したものが登場してきています。
pixta_9265025_M

入れ歯の種類

保険診療の入れ歯以外に、当院では患者様のさまざまなお悩みを解消できるよう自費診療の多くのタイプの義歯をご用意しています。お悩みやご不便に感じていること、気になっていることをお教えいただいた上で、費用やコストパフォーマンスも含め患者様のご希望に合わせたご提案をさしあげています。

入れ歯だと気付かれにくいノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー保険診療の部分入れ歯は金属のバネであるクラスプを隣の歯にかけて固定させています。このバネは金属なので場所によっては会話や笑顔の際にとても目立ちます。
ノンクラスプデンチャーは、金属バネのクラスプがない入れ歯です。見た目が自然で入れ歯だと気付かれにくく、機能的にも優れています。また、バネがないため隣の歯へのダメージもありませんし、粘膜を傷付けることもありません。さらに、金属を使っていないのでアレルギーの心配もありません。

薄くて軽く、壊れにくい金属床

保険診療の入れ歯はレジン(歯科用プラスチック)で作られるため、十分な強度を持たせるために床をかなり分厚く作る必要があります。そのため、違和感や話しにくさがあり、そして味や温度を感じにくくなって食事の楽しみも損なわれてしまいます。
金属床は丈夫で薄く、熱を通しやすい金属で床を作ります。そのため、違和感が少なく、会話や食事の楽しみを損なうことが少なくなります。また、強度も十分ですから、壊れにくいことも大きな特徴になっています。

保険の入れ歯

歯科用プラスチックピンク色のレジン(歯科用プラスチック)で床を作り、そこに人工歯を並べたものです。保険適用されているため安価ですし、調整や修理が簡単にできるというメリットがあります。使いはじめたばかりの入れ歯は食事や会話の際の違和感や当たって痛い部分がどうしても出てきますが、レジン床の場合は細かい調整を歯科クリニックで簡単に行うことができます。これにより、しっくり合った入れ歯に育てていけます。また、口腔内の環境はちょっとしたことで変化しますので、使っていくうちに出てくる痛みや違和感も調整で解消することが可能です。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯の大きな特徴は、取り外し可能なことです。ブリッジやインプラントは取り外すことができないため、これは入れ歯だけが持つ大きなメリットとも言えます。ただし、取り外しができることは、ズレたり外れるといったトラブルが起こる可能性もあるということです。これが入れ歯の大きなデメリットです。
入れ歯は調整ができますので、こうした不具合があったらその都度、修理することで使い勝手の良さを保つことはできます。また、自費診療になりますが不具合が起こりにくい高機能な入れ歯も登場しています。ライフスタイルやお考えに合わせて、ご自分に合う入れ歯を見つけてください。

ズレや外れができるだけ少ない入れ歯をお作りするだけでなく、こまめな調整も可能です
入れ歯のズレや外れが起こると隙間に細かい食べ物が入ってしまいます。ゴマなど小さくて硬いものが入り込むと、噛んだ時に鋭い痛みが生じて粘膜が傷付くこともあります。それだけでなく入れ歯自体にも傷がついてしまう可能性があります。入れ歯の細かい傷に細菌が繁殖して悪臭の原因になりますし、傷のできた場所によっては入れ歯が合わなくなって、痛みが起こることもあります。
当院では最初のセットを丁寧に行い、こまめな調整を続けることで、入れ歯を長く快適にお使いいただいています。

部分入れ歯

1本から10本程度の歯の欠損の治療に用いる入れ歯です。固定させるために両隣の歯にクラスプというバネをかけます。

メリット
  • 健康な状態の歯に固定する場合は、外れにくい
  • 歯磨きの際に取り外して手入れできるため、清潔を保ちやすい
デメリット
  • バネをかける歯に負担がかかり、歯の寿命が短くなりやすい
  • 外さないまま歯磨きをしていると食べカスが取り切れず、細かい傷がついて細菌が増殖しやすい

保険適用の部分入れ歯

メリット
  • 安価
デメリット
  • 金属バネが見えるなど審美性が劣る
  • 高機能の素材を使うことができない

自費診療の部分入れ歯

メリット
  • 入れ歯と周囲に気付かれず、自然で審美性が高い
  • 外れにくい加工が可能
  • 薄く・軽くできるため違和感が少ない
  • 金属フリーのものの場合、アレルギーの心配がない
デメリット
  • 保険適用のものに比べて高額

総入れ歯

上下どちらか、あるいは上下両方の歯が全て欠損している場合の治療に用いる入れ歯です。なお、下顎の総入れ歯は不具合を起こしやすいので特に注意が必要です。お悩みが解消できない場合には、インプラント併用の入れ歯などもあります。

保険適用の総入れ歯

メリット
  • 安価
  • 調整や修理がしやすい
デメリット
  • 機能性や審美性の高い素材を使用できない
  • できてからしばらくは調整期間が必要
  • 完璧なフィットが難しく、こまめな調整が必要
  • 素材の特性として変形が起こることがある

自費診療でできる入れ歯

メリット
  • 審美性の高いものを作ることができる
  • 機能性の高いものを作ることができる
  • できてからの調整が少なくてすむ
  • 薄く作れるので違和感が少なく、会話や食事に影響が少ない
  • 飲食物の温度が口内に伝わりやすい
デメリット
  • 機能性や審美性の高い素材を使用できない
  • 費用が高額になってしまう
  • 精密さが求められるため、完成までの時間がかかる
TEL 03-3874-8214
一番上に戻る